豪華で高価そうなものでも困る遺品もある。

祖母の遺品整理をしていた時に大量に出てきた、時代遅れの毛皮のコートに困りました。欲しがる人はほとんどいませんし、またかさばるため、捨てるにしてもリサイクルショップに持って行くにしても一苦労でした。ショップに相談してみたところ、毛皮は流行りではないため二束三文にしかならず、出張買取の費用の方が足が出てしまうだろうと言われました。

毛皮のコートが欲しい人を募って出来る限り引き取ってもらいました。それでも大量に余りましたが…。まだ着れそうなものはクリーニングし、冬の寒い時期に被災地に送りました。リサイクルショップに持って行って少し高め(といっても安いですが)に引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました。また、残ったもののなかで使えそうなものは座布団やクッションカバー、ぬいぐるみにしました。本当にどうしようもないものは捨てました。

最近はフリマアプリも流行っていますし、そこに出品してみるのも手かもしれません。クリーニングは非常に高くつきました。