思い切りが大切な遺品整理と片付けは、断捨離の機会ともなる

中高年の域に達すると、避けて通れないのが、祖父母や親の世代との別れ。

長患いだった場合は、当事者も家族もある程度、覚悟をしていて、場合によっては、当人が身辺の整理を始めていたりもする。しかし、突然の別れの場合は、より辛い遺品整理となってしまったりするものだ。遺品の片付けでも、衣服のいくつかは親の兄弟に形見わけしたかったが、積極的に受け取ってもらう感じでもなかったし、結局は雑貨など同様、ほとんど捨てることになった。

悲しいけれど、いつまでも遺品をそのままにしておくよりは、選別して残すものと、処分するものに分けて片付けることに、なるべく早い時期に着手するほうが、賢明だと感じた。

人生がまだ続いていく次世代には、気持ちを新たにするためにも、思い切りが大切になる。

我が家の場合は、同じ家に住み続けるとはいえ、家具も含めた模様替えまで発展した。最初はよくわからず、両親の大型タンスを引き取ってもらうのに、業者さんによっては高額だったこともあった。その後は、新しい家具との買い替えの際に、家具屋さんに遺品の家具の処分を頼むことにした。もちろん、いきなり全てが断捨離の対象にはできない。モノを捨てるのは結構、エネルギーがいるので、はじめは少しずつでも、段階的に遺品整理と処分を繰り返すことで、いずれ、すっきりしていくものだと思う。