重曹のメリットを最大に生かす掃除サイクル

一時、重曹とクエン酸(あるいはお酢)を使ったエコお掃除が大ブームになりましたが、実際に継続しているお宅は今はどのくらいあるのでしょうか。

確かに、日常のお掃除に定着させてしまえば何気なく使えるのですが、時たま新しい掃除液などを試してしまうと、「重曹じゃ物足りないなあ、香りもないし」と言う風にリバウンドで元に戻ってしまうこともあるかと思います。

重曹を用いた掃除のメリットはいくつもありますが、実は「置きっぱなしでいい」という気楽な最大の長所が、あまり生かされていないようにも感じられます。

重曹ペーストなどをわざわざ作る手間も省いて、使用後の台所シンクやお手洗いの便器、さらにはお風呂の浴槽・水回りなど、ざらざらと豪快に重曹をふりまいておくだけで、汚れをはがれやすくしてくれるという特徴があります。

ですから少しした後、あるいは使用する段階になってざっと水ですすげば、もう軽く掃除が済んでいる…というもの。

これを日常的に繰り返していれば、汚れは付着するヒマがありません。こういったサイクルこそが、重曹掃除を行う上での最大のメリットだと思われます。

PR|遺品整理の相談相手は?|