粗大ゴミを捨てるのにお金がかかることもある

転居する際に、新居に入らない、または必要ない家具がどうしても出てきます。
クローゼット、タンス、ベッド、壊れた白物家電などは手伝いを呼ぶにしても、運べる車がないとどうしようもありません。
粗大ゴミとして処分しようとしましたが、自治体によっては粗大ゴミの予約が入れにくかったり、ルールの制限があったりして、転居する度に手こずります。

当時住んでいた自治体に粗大ゴミの回収をお願いしたかったのですが、引っ越しシーズンだったため予定が空いてる日はすべて埋まっていました。
撤去日が迫って来て、インターネットで地元の回収業者を調べて、お願いしました。午前中に電話して当日中に来てくださいました。
しかし、ウェブページで「買い取りできます!」という品目も、買い取ってくれるどころか、こちらがお金を払う羽目になりました。撤去日が近かったため、早く済まそうと支払いました。若干後悔しています。

やはり買う前から処分することを想像した方がいいです。分解して棄てることは可能か、または年月が経っても再利用する価値はあるかを考えます。

PR|東京の遺品整理業者なら|